「企業が求める人材の条件」の職務経歴書の重要性のページです。

HOME » 転職するための条件 » 職務経歴書の重要性

職務経歴書をどう書くか

転職の際、企業の採用担当者が重要視するのはその人のキャリアであることは言うまでもありません。その人が企業人として歩んだ軌跡と実績が新天地で生かせるものなのかどうかを厳しく見られるというわけです。したがって、転職の際に書く履歴書よりも職務のキャリアが把握できる職務経歴書をどう書くかがポイントとなります。書き方については書籍やWeb上でも職種別に数多くのサンプルが出ていますので、参考にするとよいでしょう。

自分の棚卸しを

職務経歴書は「具体的に」「分かりやすく」「簡潔に」書くことがポイントです。「いかに人事担当者の目に止まるか」を考えなければなりません。その意味では企業のプレゼン資料に近いといえるでしょう。自分のキャリアを書面として残すということは「自身の棚卸し」ともいえるので、今すぐに転職を考えていない人でも、できれば1〜2年に一度は職務経歴書を書いてみるのがよいでしょう。先が見えない厳しい時代です。いつなんどき今の職を離れることになるかもしれません。中高年層は特に転職となると大変です。いざというときのためと自分を見つめるためにも一度職務経歴書を書いてみましょう。

グラフィックデザイナーの求人数・転職支援No.1クラス
グラフィックデザイナー 求人

このサイトならアスタキサンチンの成分情報などを知る事ができます。

この「データ入力のコツ」がデータ入力について学ぶには便利