「企業が求める人材の条件」のヘッド・ハンティングされる人材とはのページです。

HOME » 転職するための条件 » ヘッド・ハンティングされる人材とは

日本企業の雇用形態の特徴であった終身雇用制が終焉し、米国式の実力重視型雇用に様変わりしたことによって、企業のヘッドハンティングもかなり頻繁に行なわれるようになってきました。終身雇用で会社から安定した雇用を保証されないのなら、より良い条件の会社に移って働こうという人が増え、企業側も積極的に有能な人材を引抜こうとする、激しい競争社会がこうして生まれてきました。

引抜きと目利き

引抜きを画策するため、会社によっては人材を「目利き」する「ヘッドハンター」なる専門職もIT業界などに多く見られ、激しい企業間競争を展開しています。ビジネスマンとして、あるいはスペシャリストとして培った経験とスキルを、もっと生かせる場で高い報酬を得たいと考えている人も少なくないと思われます。ヘッドハンターの目に止まり、ハンティングされる日に備えて、それなりのスキルを持った人材になっておくことは、自身の成長のためには大切であるといえるでしょう。会社での日常業務以外で、それに必要なスキルを磨くことは大変ですが、その努力が報われるチャンスが来る日を信じましょう。

歯科技工士のことなら歯科技工士を目指す人へ

臨床心理士のことなら臨床心理士を目指す方へ

アイセイ薬局
http://www.aisei.co.jp/