「企業が求める人材の条件」の転職するための条件のページです。

HOME » 転職するための条件

「転職」と「リストラ」

多くの日本人にとって、「転職」という言葉に良い印象を受ける人はまだ少ないのではないでしょうか?では「リストラ」という言葉はどうでしょうか?これは今では「会社をクビになる」の同義語として用いられています。「リストラ」は「リストラクチャリング」という英単語で、この外来語が登場した20年ほど前は「企業経営の再構築」を意味する経営コンサルタント用語でした。つまり経営戦力の再構築によって、企業の下降する業績を回復させようとの意味が込められていたわけですが、再構築には経営の合理化のために人件費の見直しもあり、これが従業員の人数削減につながり、いつのまにか「リストラ策のためにクビになった」が「リストラされた」に変化していくわけです。

このマイナビ薬剤師(埼玉版)がおすすめ

人生のステップアップ

企業の経営側も、解雇する社員に「リストラのために涙を呑んでくれ」という説明をしました。「リストラ」が「首切り」と同義語になったことは、米国流の企業合理化策によって日本の終身雇用制度が終焉したことを如実に象徴しているといえます。日本で「解雇」のことを「首切り」と表現していたのは、武家社会から続く日本型会社経営の実態を表していました。すなわち「会社(城)に勤務(仕官)する社員(武士)が、仕事に失敗すると解雇(切腹=首切り)される」という図式が、今では「企業の都合(リストラ)で即解雇」という大変厳しい時代に突入したというわけです。これまでは会社(殿様)に忠誠を尽くしていればよほどの失敗でもない限り、死ぬまで働く(奉公する)ことができましたが、今ではそのような方針を掲げる企業は少なくなりました。転職を考える人にとっては、いかに「企業から求められる人材」になるかが勝負の分かれ目です。転職を、人生のステップアップとするために必要な項目を考えてみましょう。

住友不動産販売で不動産の相談がオススメ