「企業が求める人材の条件」の面接必勝法その2のページです。

HOME » 就職するための条件 » 面接必勝法その2

面接の前に、履歴書や筆記試験で事前にある程度の能力を見られていますので、採用担当者が直接本人に会って確かめたいのは入社後の「適応力」「忍耐力「持続力」の3点です。これらの能力はスポーツの世界でも求められるので、企業が体育会系学生を好む傾向の理由はここにあります。したがって、面接ではこれらが自分に十分に備わっていることを、実例を挙げてアピールすることが最も効果的です。学生時代に続けていたスポーツや趣味のことを具体的に話すとより説得力が増します。

ボイストレーニングの有効性

その他の重要なポイントとして「発声」があります。言葉は人間同士のコミュニケーションには最も大切な手段ですので、声にメリハリがあり、よく通り歯切れの良い発声ができる人は、それだけで好印象を相手に与えることができます。「ボイストレーニング」は日本では歌手や俳優・アナウンサーなどに必要な訓練と思われていますが、ビジネスマンが仕事に活用できるとして近年注目を浴びています。自宅にてひとりで簡単にできる訓練法もありますので、学生のうちに基本的なボイストレーニングを実践しておくこともよいでしょう。

大韓航空など韓国格安航空券予約ならケイ・トリップへ
大韓航空予約なら

事務のお仕事をしようで一般事務について学ぶ

GooBikeの中古バイク情報
PGOがここにあります