「企業が求める人材の条件」の面接必勝法その1のページです。

HOME » 就職するための条件 » 面接必勝法その1

面接に勝つ

企業に就職するために避けては通れないのが面接です。格別なコネでもない限り、本人と直接会わずに採用を決める会社はまずないでしょう。いくら筆記試験の成績が良くても、生身の人間が組織の中で仕事をするのですから、企業も未知の新人がどういう人となりなのかを面接で見抜こうとします。対してなんとか働く場を得たい学生あがりの新人も、彼なりに自分の一番いいところを見せて自分を必死に売り込もうとします。大げさかもしれませんが面接は一種の戦いの場でもあるわけです。この図式は基本的に昔も今も変わってはいません。

人間性判定の場

いくら合理化が進み、コンピュータやロボットが進化しても、会社組織は人間が構築するもの。その組織にうまく適合できる人間か否かを判定するのが面接なのです。世間には面接に関するマナーや基本姿勢などの本も数多く出回っています。どれも参考になるものばかりですが、面接に際して、最も重要なのは「採用担当者が学生に対し何を求めているか」という点です。したがって面接の際、自分が企業側の人事担当者の要求にかなう人物であることを理解してもらえれば成功といえるわけです。

サービス情報のサービス業とは
http://www.ie-seven.com/

「品質管理」のページ
アパレル情報はアパレル業界の仕事

世界でNo.1の生産シェアを誇る中国の家電メーカー
ハイアール