「企業が求める人材の条件」の社会人としての心構えのページです。

HOME » 就職するための条件 » 社会人としての心構え

学生と社会人との最も大きな違いとは「プロ意識」の差であるといえるでしょう。社会人になると企業・団体から自己の労働の対価として報酬を得ることになりますが、この場合の「労働」とは単に「働くこと」を意味するものでなく「企業側に利潤をもたらす労働」という意味になります。社会経験がない学生の場合、この「利潤をもたらす労働」の意味が実感として理解できていない者が実に多いのです。たとえば、誰かに自宅の庭の草取りを1日5千円の報酬で依頼したとします。ところが1日かかっても庭の雑草は半分しか取れなかった場合、依頼した側は、報酬は半分しか払えないという気持ちになるはずです。1日でできるはずの仕事の成果が期待の半分しかなかった場合、実際には半日分の仕事しかしなかった、と雇い主は判断するわけです。

世界でNo.1の生産シェアを誇る中国の家電メーカー
ハイアール

研修期間も常にプロ意識を

露骨な表現ですが、企業には社員に「ただ飯を食わせる」ゆとりはないのです。入社すると、どの企業でも最初は仕事を覚えてもらうために研修期間を設けています。この期間は「利潤をもたらす労働」ではないわけですから、文字通り「ただ飯を食っている」わけですが、これは1日でも早く「利潤をもたらす労働」をしてもらうための企業側の「ただ飯」であることをきちんと認識しておく必要があります。社会人とはつまり「プロフェショナルの集合体」であるともいえるのです。厳しい競争社会。プロ意識が希薄な者は淘汰されて行きます。研修期間であってもプロ意識を明確に持つことが社会人としての成長の早道なのです。

アイセイ薬局
http://www.aisei.co.jp/

このサイトならグルコサミンの成分情報などを知る事ができます。

広告業界で働きたい!で広告について知る
http://www.sizerbarker.com/