「企業が求める人材の条件」の自己アピール法のページです。

HOME » 就職するための条件 » 自己アピール法

自己PRこそチャンス

自分という人間の良さを相手に分かってもらうにはどうすればいいのでしょうか?アルバイトなどの一時的な仕事は別にして、会社勤めの経験がない学生の大多数は入社して即戦力となる実務経験がありません。したがって、いかに自分を企業側にうまくアピールできるかが、採用されるか否かの分水嶺となるわけです。就職に際して特にコネなどを持たない学生にとって、自己表現のやり方は大切です。入社試験の際、受験者に自己PR文の提出を求める企業が少なからずあります。学生に自己PRを求める会社こそ、採用する側が学生に何を求めているかはっきりしているので、学生にとっては自分を売り込むまたとないチャンスといえましょう。

PR文で売り込む

ただし、自己PRが下手な学生は、いくら筆記試験の成績が良くても採用担当者にとってはマイナスイメージとなります。自己PR文で大切なのは、短い文章で「自分の長所がいかに会社に役立つか」を表現することです。企業の採用担当者にとって、入社を希望する人物の性格を把握できるので、自己アピールの文章の出来不出来が合否を決するといってもよいくらいです。

歯科衛生士との違い - 歯科助手のお仕事
http://www.phrapradang.com/sikajosyu_naruniha/tigai.html