「企業が求める人材の条件」の就職するための条件のページです。

HOME » 就職するための条件

三つの岐路

人生には、三つの岐路があるといわれています。一番目は進学、二番目に就職、そして三番目が結婚。高校や大学への進路は、未成年の年齢での岐路ですので、多くは両親の庇護下で決められますが、学校を卒業したあと、働く場所をどこにするかを決めるのは基本的に自分自身です。両親や親戚・知人、あるいは学校から就職先を紹介してもらうことはあっても、学生時代とは異なり、そこで働いてお金を稼ぐのはあなた自身ですから、軽い気持ちで決められるものではありません。いかに企業の終身雇用制がなくなったとはいえ、すぐに辞めることを前提にして就職先を探す人はいないでしょう。学生時代のアルバイトとは違うのです。人生の最後の岐路たる「結婚」への道筋を立派に作るためにも、働き甲斐があって長く勤めることができる企業を見つけるのは大切なことです。

世界でNo.1の生産シェアを誇る中国の家電メーカー
ハイアール

スタートダッシュに失敗しないためには

まず入口に失敗してしまうと、まわり道してまた理想の勤め先を探さねばならず、遠回りした社会人生活を悔いる結果となりかねません。もちろん、失敗を重ねることも人生勉強であるとはいえるでしょうが、同じ苦しみならばより高い次元で苦労する方が人間的成長は早いともいえるでしょう。要は社会人生活のスタートダッシュに成功する否か、という点です。自分のやりたいことや成し遂げたい仕事について、明確な指針を持っている人ならば、おのずと行く先は見えているでしょうが、まだそういう自己確立に至っていない学生が大多数だと思います。特別な技能があるわけでもない平凡な学生は、就職に関して何をどう考えて行動すべきなのでしょうか?人生の大事な岐路に立ったあなたのために、そのヒントとなる項目を挙げて考えて見ましょう。

世界でNo.1の生産シェアを誇る中国の家電メーカー
ハイアール